ハイチェアはどんな時に必要ですか? 油断してはいけません!


それほど早い時期ではありませんが、赤ちゃんが生後5、6ヶ月で固形物を食べ始めた頃です。 現在、北米の小児科医は、赤ちゃんが固形物を食べるようになるまで最低でも4ヶ月は待つように勧めており、通常は4ヶ月から6ヶ月の間になります。

赤ちゃんが固形物を食べ始めるのは生後6ヶ月からなので、Best Baby High Chair今のところあまり早く購入する必要はありません。 車輪付きのハイチェアを購入する必要がありますか? キッチンでお子さんに食事を与えるだけなら、キャスター付きのハイチェアは必要ないでしょう。

ダーリンをリビングに一人で放っておく。 放置しておくと、ダーリンがハイチェアから落ちて危険な目に遭う可能性があります。

ハイチェアの安全基準は統一されておらず、保護者は特に以下の点に注意する必要があります。

アメリカの消費者製品安全委員会(CPSC)のデータを最新の方法で分析したところ、ハイチェアで死亡する赤ちゃんはあまりいない(1%未満)ものの、ハイチェアでの赤ちゃんへの影響が多数研究されていることがわかりました。

しかし、ハイチェアでの怪我が赤ちゃんに与える影響についての研究はあります。 ハイチェアは、赤ちゃんのケガの原因の第4位で、生徒がハイチェアから落ちてケガをするケースが多いと思われます。

ダーリンをハイチェアに座らせるときの安全対策。

1.赤ちゃんのキャリアは必ず固定しましょう。赤ちゃんはハイチェアで立ち上がることができないので、3点式キャリアよりも5点式キャリアの方が安全です。

赤ちゃんが座ったままの状態で、お皿を取り上げてはいけません。キッチンでお皿を下げて洗うのは簡単ですが、赤ちゃんは簡単に椅子から滑り落ちて転んでしまいます。 ダーリンが座っているときにどうしても食器を外したい場合は、キャスター付きのハイチェアを購入して、そのままキッチンに移動して掃除をすると、食器が椅子の上になくても、ダーリンが座っているときに様子を見ることができます。

シートベルトをせずに座っていた赤ちゃんが、トレイの下に滑り落ちて怪我をしたというケースもあるので、最近のハイチェアにはこの滑り止め金具が付いています。

扁平疣贅は皮膚科で非常に一般的な病気です

ほぼ半数の人々が生涯で「対処した」。しかし、多くの人は扁平疣贅がウイルスによって引き起こされることを知らないので、それらは伝染性です。扁平疣贅は基本的に生命を脅かすものではないため、過去には見過ごされがちでした。今日のより高い生活の質を追求...

 

ベビー用ハイチェア選びのアドバイス、99%の親が知らない安全基準とは!

アメリカ小児科学会が発表したハイチェアの安全性についてご紹介します。1.他の人が偶然見つけても倒れないように、底面が広いハイチェアを選ぶ 2.折りたたみ式のチェアの場合は、開くたびにロック機構がしっかりしていることを確認してください。3.お...

 

7 safety tips for highchairs, read on!

Stellen Sie einen Hochstuhl bereit, in dem Ihr Baby sitzen kann, während es seine Beilage isst. So wird verhindert, dass...