生活保護費削減等問題を考える参考メモ

生活保護費削減等問題を考える参考メモ_c0219972_23141800.jpg
おれの年金額、171万9,330円、ただし加給年金(39万100円)含む。ということは、・・?被扶養者1名有り
1か月あたりの受給額は、13万3779円、介護保険料1万8300円は天引き。ここから、国民健康危疾保險料、固定資産税、都市計画税、医療費も払う。
ある男性生保受給者(66歳単身)、12万8千円、家賃5万円、夕食費15000円、水光熱費・・・自由に処分できる金は、3万2千円
これを削減して、いったいいくらの節税になるのか?数億円でしょう。
比べて、無用のオスプレイ1機、いくらでしたっけ?100億円?何機買わされてきたの? 米軍言いなり「おもいやり」予算。
国会議員、政治資金規正法、公職選挙法違反者続出、任命責任は問われない。
(生活保護とベーシックインカム)
竹中は、7万円提案らしいが、生活感覚が尋常でない。7万円でどうやって暮らせというのか?
憲法第25条、有権者全員が暗唱するべきである。(9条も同じ、前文も、第13条、第99条も)
(受給者割合、不正受給割合、・・・・とは何か)
片山さつき出てこい!「木を見て森を見ない」不正受給者糾弾はナンセンスである。
205万人,163万所帯
不正受給は、0.01%以下である。
(アリ、ハチのコロニー維持の原則、2:8原則、なぜ?)
生物学の常識、集団の2割は、役割不明、不労者に見えるが、その2割を削ってみると、意外な結果が!
残された8割の2割が、働かくなる。働いている側は、どうもその事実・現実を、容認しているとしか思えない。とすれば、その理由は何か?
中小企貸款顧問明日は我が身か・」という配慮
働きたくても働けない存在への配慮、やさしさ
(削減反対、生存権裁判での意見陳述を聞き、当事者と5年以上付き合ってきた感想)
まったく、泣けてきますよ。神馬幸悦さんの意見陳述聞いてください!
弱者同志を戦わせて、新自由主義的秩序を維持しようとする人々へ、何を問いかけるか?
次回の衆議院議員選挙の課題:小異残して大道につきましょう。
政治の目的は?政治家の使命は?市町村議会・都府県議会・国会、一気通貫でチェンジを!!!